金利の特徴を知って、自分に合った返済方式を見つける

金利はある意味で家よりも高い買い物です。現在のような低い金利水準でも、長期のローンだと最終の支払額は借入れ額の1.5倍くらいになります。

利率が上昇すると、借入れ額と同等以上の金利を支払うことになる場合もあります。金利はその後の生活に大きな影響を与えます。そもそも現金払いなら必要ない金利を払うというのはなんだか損をした気持ちになりますので、少しでも負担を減らせるように知識を身につけましょう。
三重県で家を建てる資金計画・相談も必要です。

 

住宅ローンの金利は大きく分けると3タイプあります。

  • 全期間固定金利型:最初に設定した金利が完済時まで変わらないタイプ。

返済額や金利が増えないのでリスクがなく、計画的に返済ができます。

長期にわたって安心・安定を求めたい方、安定した収入が見込める方、家賃感覚で返済していきたい方におすすめです。

デメリットとして、変動金利よりも高めに設定されています。

 

  • 変動金利型:返済額の中で元金と利息額の割合が変動するタイプ。

年に2回(4月と10月)金利の見直しが行われます。

短期でローンを組む予定がある方、金利が上がった時も手元資金で一括返済できる余裕がある方、経済動向や株価、金利などに敏感な方におすすめです。

デメリットとして、借入れの段階で総返済額がいくらになるかわからいのと、金利が上がると返済額も増えます。

 

  • 固定金利選択型:一定期間の金利が選択できるタイプ。

一般的に取り扱われているのが、3年、5年、10年、20年などに設定されています。

現在、経済的に余裕があり、繰上げ返済をガンガンできそうな方におすすめです。

デメリットとして、借入れの段階で総返済額がいくらになるかわからいのと、金利が上がると返済額も増えます。

 

現在のような低金利の時代なら、長期固定金利のタイプがおすすめですが、この先金利が高くなり、定期預金の金利で生活ができるような人が出てくるような時代になれば、変動金利型のほうがメリットは高くなります。

金利を予測するのは難しいことですが、専門家や最新の情報などを積極的に活用して、自分たちの生活に合ったタイプを見つけましょう。

住宅ローンを利用するときに大切な住宅会社選び

家を建てるときに資金を一括で払うというのは、大変なことですから、住宅ローンを利用するのが一般的です。
そのとき、職業・収入や貯蓄などの返済能力を審査で問われることになりますが、より審査に通りやすくするためには契約する住宅会社選びも大切です。
住宅会社は家を建てるだけなのに、どうして住宅ローンの返済に関係してくるのかというと、住宅会社と金融機関で良好な関係を築いていると話がつけやすくなります。加えて、住宅会社はこれまでの経験から、どこの金融機関であれば住宅ローンの審査に通りやすいのか、という情報を持っているのです。
もちろん、返済能力がない人が審査に通るようにするほど、住宅会社の担当者の力が強いわけではありませんが、住宅ローンの申請をするにあたって、融資額や返済方法などの条件について、的確なアドバイスをしてくれるのです。

住宅会社といっても地域密着型の小さな工務店から、全国に展開している大手まであります。
家の仕上がりに違いが出てくるだけでなく、このような場合にも大手のほうが有利に働きます。それは、ただ会社の看板が大きいというだけでなく、万が一対応が起きた時に家の担保価値が大手のほうが高くなる、ということもあるからです。つまり、金融機関としても、どれほど良い顧客でも貸し倒れというリスクが排除できない以上、家を売却して損失を小さくできる、という点を重視するのです。

それから、審査の通りやすさ、ということとは別に、手続きはどうするのか、ということもよく調べておきましょう。
住宅ローンの申請では、書類を取り寄せたり提出したりと、いろいろと面倒な作業をすることになります。ですから、そういった作業を住宅会社に代行してもらうこともできます。住宅会社の系列に金融機関があると、よりスムーズに手続きができますから、安心です。ただし、料金については無償でやってくれる場合と有償でやる場合とがあります。有償の場合には10万円くらいの手数料が追加で必要となりますから、費用の節約を考えるならば、無償か自分で行うことを検討するべきです。