住宅ローンを利用するときに大切な住宅会社選び

家を建てるときに資金を一括で払うというのは、大変なことですから、住宅ローンを利用するのが一般的です。
そのとき、職業・収入や貯蓄などの返済能力を審査で問われることになりますが、より審査に通りやすくするためには契約する住宅会社選びも大切です。
住宅会社は家を建てるだけなのに、どうして住宅ローンの返済に関係してくるのかというと、住宅会社と金融機関で良好な関係を築いていると話がつけやすくなります。加えて、住宅会社はこれまでの経験から、どこの金融機関であれば住宅ローンの審査に通りやすいのか、という情報を持っているのです。
もちろん、返済能力がない人が審査に通るようにするほど、住宅会社の担当者の力が強いわけではありませんが、住宅ローンの申請をするにあたって、融資額や返済方法などの条件について、的確なアドバイスをしてくれるのです。

住宅会社といっても地域密着型の小さな工務店から、全国に展開している大手まであります。
家の仕上がりに違いが出てくるだけでなく、このような場合にも大手のほうが有利に働きます。それは、ただ会社の看板が大きいというだけでなく、万が一対応が起きた時に家の担保価値が大手のほうが高くなる、ということもあるからです。つまり、金融機関としても、どれほど良い顧客でも貸し倒れというリスクが排除できない以上、家を売却して損失を小さくできる、という点を重視するのです。

それから、審査の通りやすさ、ということとは別に、手続きはどうするのか、ということもよく調べておきましょう。
住宅ローンの申請では、書類を取り寄せたり提出したりと、いろいろと面倒な作業をすることになります。ですから、そういった作業を住宅会社に代行してもらうこともできます。住宅会社の系列に金融機関があると、よりスムーズに手続きができますから、安心です。ただし、料金については無償でやってくれる場合と有償でやる場合とがあります。有償の場合には10万円くらいの手数料が追加で必要となりますから、費用の節約を考えるならば、無償か自分で行うことを検討するべきです。

住宅ローン金利種類と特徴のご説明

住宅ローンの金利には、様々な種類と特徴があります。種類は、大きく3種類に分別されそれぞれ特徴があるのです。まずは、変動型ですが、一般的に最も金利が低い特徴があります。その為、低いままであれば利息も少なくなり、総返済額も少なくなるメリットがあります。但し、金融市場の動向を受けて利率が上下に変化する可能性もあります。借入期間中に利率が下がる事もあれば、上昇するリスクも合わせて持っています。その為、完済までの返済計画を立てにくいといった金利タイプでもあります。多くの銀行では、最も低い金利設定となっているのです。次に全期間固定型の金利ですが、変動タイプとは異なり借入から返済まで、一定の利率に固定する事が出来ます。総返済額が最初から決まる為、返済計画が立てやすいという特徴があります。変動タイプと比較すると金利が高くなっている為、利息が多くなる特徴もあります。完済まで一定の返済額となる為、安心感があり将来的な金利上昇リスクを抑える事ができます。変動タイプと比べて借入時に保証料が必要となるのも特徴の一つとなっています。最後に固定期間選択タイプですが、こちらは借入当初の数年間を一定の利率に固定出来る特徴があります。借入当初は、子育てや教育費が嵩み住宅ローン以外の費用が多く必要となります。固定期間選択タイプであれば、当初の利率を低く抑えられる為、月々の返済も楽になります。固定期間は、3年や5年、10年といったタイプがあり、自身で選ぶ事が出来ます。但し、固定期間が終了すると以降は、利率が上昇する特徴があります。再び固定する事も出来れば変動タイプに切り替える事が出来る為、自由に選択出来るタイプとなっています。以上の3種類のタイプに分かれていますが、各銀行によって優遇条件も異なります。住宅ローンの選び方によって返済額も大きく変わってきます。それぞれの金利タイプの特性を活かした住宅ローン選びが必要となります。