住宅ローンはライフプランにあわせて組もう

マイホームへの憧れを持っている人は多いと思います。昔から、結婚をしたらマイホームを持つというのはあたりまえのことと考えられてきました。しかし、時代は変化しており、賃貸で一生暮らすという選択肢を選ぶ人も増えてきています。マイホームを持つ理由の1つが、生涯コストで考えるとマイホームのほうが安くなるという理由がありました。しかし、現在では不動産は飽和状態にあるので、単純にマイホームを持つことが生涯コストを減らすことにはなりません。10年後、20年後にはマンションやアパートの数が余っており、賃貸の家賃も下がっているという予測もあります。

そのような状況でマイホームを持つなら、ライフプランをよく考えて住宅ローンを組みましょう。マイホームを持つことで人生が豊かになるなら、たとえ生涯コストで得をしなくても、マイホームを持つ意味は出てくるでしょう。

10年後には不動産が余っていると予測はされていますが、都心部の人気のエリアなどの不動産の価値までは下がらないでしょう。売れる不動産と売れない不動産の二極化が進んでいくことになるのかもしれません。どうせ住宅ローンを組んでマイホームを持つなら、売れる不動産・価値のある不動産を購入するようにしましょう。

ライフプランを考える中で、将来家を売ることになるかもしれないということは考えておかなくてはなりません。ずっとその家に住むつもりでいても、子供の数が増えた、転職、離婚などの事情で、家を住み替える可能性はあります。

将来家を売ることになったときに重要になるのが、不動産の価値です。ローン残高よりも不動産の価値が下回っている状態、すなわち担保割れを起こしていてオーバーローンの状態になっていると、そのままでは家が売れないということになってしまいます。余裕のあるローンを組むということも重要ですが、オーバーローンとならないようにローンを組むということも重要です。頭金を多めに入れたり、繰上げ返済をして元本を減らすということが重要になります。