新築の住宅ローンについて

新築で住宅を購入する際に住宅ローンを通常利用し支払いをしていく方法が多いです。ただ、金融機関によっては、住宅ローンも金利も違いがある為、どの金融機関を利用したらより低い金利でローンで組めるかなど情報が必要になってきます。また初めてローンを組む際に、新築をたてる段取りとどうのように並行して進めていったら良いのか解らないこともある為、事前に調べておく必要はあります。一般的には、新築の物件の情報を収集しはじめた時点で、住宅ローンについても各銀行の情報は収集していった方がスムーズに段取りが組むことが出来ます。そして物件の絞り込みをしていく時に、住宅ローンにおいても銀行を絞るこむべきです。例えば新築物件で探す際なら、担当の不動産に相談してみるのも一つの方法です。住宅ローンアドバイザーなどの資格を持っている担当者もいる為資金計画など相談もしやすいケースがあります。また不動産の提携ローンなら住宅に関する適合審査が不要だったり、金利引き下げなども相談することもできるので、メリットは高いです。そして物件の申し込みをするタイミングで、住宅ローンの審査を申し込むことができるますが、万が一審査が通らないこともあるので契約前には事前に確認をしておくことがお勧めです。そして物件が決まり次第正式にローンの申し込み、審査が通れば正式契約になる流れになります。新築購入後にローンの決済が終わり支払いをしていきますが、忘れてはいけないのが、確定申告です。毎年、年末時点の住宅ローン残高に応じて、所得税の控除が受けられる住宅ローン控除制度を受ける為の条件にもなり、会社務めの人でも新築入居の翌年だけは確定申告が必要になるので注意が必要です。それ以降は会社の年末調整での対応になります。また新築購入では行政が支給している助成金などもある為、損をしないように調べておいた方が経費も削減できより得をしながら購入をすることもできます。