住宅ローンのシミュレーションをして住宅購入予算の決定を

“マイホームの購入を考えた時、最初に予算を決めるのが一般的でしょう。自分たちが希望する家はどれくらいの予算で購入できるのか、そして住宅ローンでどれだけ借入ができるのか、このあたりを検討材料に決めていくことになります。多くの人が、住宅ローンの借入可能額をマイホームの予算に考えがちです。しかし、借入可能額と無理なく払える金額は違います。銀行が3000万円貸してくれるからといって、3000万円の支払い能力がある、と思い込んではいけません。銀行は申込者の年収や家族構成、勤務先の信用度などから、返済可能と判断した額を融資しますが、各家庭の細かい事情までは分かりません。もう1人子供を望んでいるとか、子供は全員中学から私立に通わせたい、などという事情は知る由もありませんから、まずは自分たちで無理なく払える額を決めるのが先です。
そして、住宅を購入する際にかかる費用は、購入代金だけではありません。引越し費用、入居にあたって新調する家具や家電、仮住まいが必要になるならその費用も残しておかなければなりません。足りない分は住宅ローンを利用することになりますが、貯蓄を使い果たしてしまって残りをローン、というのはあまりにも危険です。将来急にお金が必要になる可能性も考えて、一部は残しておかなければならないでしょう。
まずは貯蓄から残しておくお金、将来のために置いておくお金などを差し引いて、残りを頭金にする、というのが失敗のない考え方です。そして、住宅ローンは毎月の返済額をシミュレーションし、返済可能な額を算出します。一般的には世帯年収の25%以内が無理なく返済できる額と言われています。年収800万円の家庭なら、1年で200万円までが一応の目安になります。ボーナス払いなしであれば、月々16~17万円の返済です。
この額なら問題なく返済できると思えば、この返済額でいくら借りられるかを計算してみましょう。これを先ほどの頭金と足した金額が住宅の購入予算です。”