耐震住宅について

“注文住宅を建てる場合に地震国である我国では地震による被害も多く地震に強い家であることが何よりも優先されます。
建築物や住宅の建築に関しては1981年に建築基準法の耐震基準は新基準と呼ばれる現在の地震に対して大丈夫なものに改正されました。
さらに2000年にも法改正がありほぼ地震には安全なものになって来ています。さらに地震時に揺れが始まるのは何とか無くしたいとかの要望から独自の免震や制震技術が開発され、高層マンションなどに取り入れられて来ています。
新耐震基準にそったものは耐震住宅と呼ばれています。中でも木造のツーバイフォー工法などは構造用合板が床や壁、屋根などに使われ、マッチ箱のような構造で外力に働くために耐震性能が良いとされています。
木造在来工法の場合もアンカーボルトによる土台の基礎への緊結や、平面プランにおいて縦横方向にバランスよく入った壁が耐震壁の役割を果たし、筋違、火打ち、方丈、金物や金具類と共に地震力に対抗するように作られていて耐震住宅と呼ばれるものになっています。”