住宅ローン金利種類と特徴のご説明

住宅ローンの金利には、様々な種類と特徴があります。種類は、大きく3種類に分別されそれぞれ特徴があるのです。まずは、変動型ですが、一般的に最も金利が低い特徴があります。その為、低いままであれば利息も少なくなり、総返済額も少なくなるメリットがあります。但し、金融市場の動向を受けて利率が上下に変化する可能性もあります。借入期間中に利率が下がる事もあれば、上昇するリスクも合わせて持っています。その為、完済までの返済計画を立てにくいといった金利タイプでもあります。多くの銀行では、最も低い金利設定となっているのです。次に全期間固定型の金利ですが、変動タイプとは異なり借入から返済まで、一定の利率に固定する事が出来ます。総返済額が最初から決まる為、返済計画が立てやすいという特徴があります。変動タイプと比較すると金利が高くなっている為、利息が多くなる特徴もあります。完済まで一定の返済額となる為、安心感があり将来的な金利上昇リスクを抑える事ができます。変動タイプと比べて借入時に保証料が必要となるのも特徴の一つとなっています。最後に固定期間選択タイプですが、こちらは借入当初の数年間を一定の利率に固定出来る特徴があります。借入当初は、子育てや教育費が嵩み住宅ローン以外の費用が多く必要となります。固定期間選択タイプであれば、当初の利率を低く抑えられる為、月々の返済も楽になります。固定期間は、3年や5年、10年といったタイプがあり、自身で選ぶ事が出来ます。但し、固定期間が終了すると以降は、利率が上昇する特徴があります。再び固定する事も出来れば変動タイプに切り替える事が出来る為、自由に選択出来るタイプとなっています。以上の3種類のタイプに分かれていますが、各銀行によって優遇条件も異なります。住宅ローンの選び方によって返済額も大きく変わってきます。それぞれの金利タイプの特性を活かした住宅ローン選びが必要となります。