知って得する住宅ローンの上手な組み方

夢のマイホームは一生に一度の大きな買い物といえるため、不動産を購入するときに借り入れる住宅ローンは、上手な組み方をしなければ結果的に利息の支払いが数百万円も変わってきます。そのため不動産会社や銀行任せにするのではなく、自分で調べて理解をしておくことが大切です。住宅ローンの上手な組み方をするために、五つのコツを挙げていきます。一つ目は借入額はできるだけ少なくすることです。住宅ローンは借金になるため、毎月返済するたびに利息を徴収されているのですが、この利息は返済期間が長くなればなるほど支払総額がどんどん膨れ上がっていくのです。こつこつ貯金をして頭金をしっかり用意することで、借入額は少なくなり、利息の支払いを最小限に抑えることができます。二つ目は金利タイプは変動金利型を選ぶことです。超低金利の時代が続いていて金利が急騰することは考えづらく、毎月の返済額が少なくて済む変動金利型が最適です。三つ目は返済方法は元金均等タイプを選ぶことです。元金均等返済とは、元金は一定ですが支払い当初は利息分が大きくて返済が進んでいくと利息分が少なくなっていくというもので、最初の支払いは大変ですがあとあとお得に返済することができます。四つ目はバンバン繰り上げ返済をすることです。住宅ローンは毎月元本と利息を返済していきますが、返済当初は毎月の半分くらいが利息になり、元本部分がなかなか減りません。そのため定期的に繰り上げ返済をして、元本部分を一気に減らし、利息を無駄に支払わないようにします。五つ目は住宅ローンの返済を優先的に考えることです。住宅ローンの返済はとても長丁場で、その間に車を買い替えたり子供の教育資金などもありますが、借金である住宅ローンの返済を優先的に考えることで、無駄な利息の支払いを抑えることができ、結果的にお得になります。以上のコツを守って住宅ローンの上手な組み方を実践すれば、お得に返済していくことができます。